講座・研修

知ろう小児医療守ろう子ども達の会では、様々なタイプの小児医療を知る機会をご用意しています。

今までにたくさんの参加者から「翌日かかりつけの先生に診ていただくまで、待てるようになった」 「どういうタイミングで受診すればいいかわかるようになった!」「子どもも慣れている場所での開催がよかった」という声をいただいております。

講座をご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

アレンジも可能です。下記の講座メニューをご参照の上、詳しくはこちらのフォームからご相談ください。


親御さん向け講座

医師による講座

[対 象]乳幼児を育てる親御さん

[内容例](1)救急の判断(2)ホームケア(3)予防接種(4)事故予防 等

 

先輩ママによるお話会

[対 象]乳幼児を育てる親御さん

[内容例](1)子どもの“いつも”を知る(2)親にできる3つのこと(3)病気との向き合いかた(4)医師との付き合い方(5)役に立つ医療の情報、サービス 等

 

医師による講座+先輩ママによるお話

[対 象]乳幼児を育てる親御さん

[内容例]

医師から  (1)救急の判断(2)ホームケア(3)予防接種、事故予防いずれか

先輩ママから(1)親にできること(2)病気との向き合いかた(3)医師との付き合い方(4)役に立つ医療の情報、サービス 等


企業向け講座

長く働き活躍し続けられる企業であるための「小児医療のかかり方講座」

[対 象]管理職+子育て中の職員

[内容例](1)小児科医による「小児医療のかかり方」(2)親が知っておきたい子どもの病気を取り巻く状況 等

子どもの事故防止講座

[対 象]企画開発者、販売員

[内容例](1)医師等の専門家による事故事例(2)事故予防のポイント 等


自治体向け講座

子どもの医療基礎講座

[対 象]地域で親子をサポートする機会の多い、保健師や看護師、保育士、子育て支援施設職員等

[内容例]

1、子どもの病気

(1)救急の判断(2)ホームケア 等

 

2、子どもの事故

(1)起こりやすい事故(2)事故予防 等

 

3、予防接種

(1)免疫(2)予防接種 等

 

4、各地域の小児医療の現状

(1)小児医療の課題(2)課題解決に向けてできること  等

 

5、親の気持ちに寄り添う伝え方

(1)小児医療を受ける親の気持ち(2)伝え方 等

 

「小児医療のかかり方講座」開催のための研修プログラム

[対 象]自治体の保健・医療・子育て支援・福祉に携わる職員等

 

あなたの自治体で、「親が子どもの病気を学べる講座」を開くために・・・。

子どもの病気について学ぶ」講座を定期的に開催できるよう、講座開催のポイントをお伝えし、サポートいたします。

 

詳細はこちらをご覧ください。↓