活動実績

1.講座開催実績

  のべ136回、4,489人の方に講座をお届けしました。    

・”復職前に”知っておきたい!"子どもの病気とおうちでできるケア

・からだノート講座

・働くパパママ必見!子どもの病気との付き合い方

・知っておきたい子供の病気とおうちでできるケア   ~救急の判断と家庭でできるホームケア~

・ 子どもの事故病気、いざというときの対策講座(入門編 座談会)

 

     

[過去共催団体・お話会主催団体一覧]     

NPO法人むくむく(埼玉県地域医療を守る共助の取り組み事業)

神奈川県横浜市西区こども家庭障害支援課

東京都杉並区児童館(井草児童館、堀ノ内東児童館、7児童館合同事業)  

一般社団法人ドゥーラ協会           

生活協同組合パルシステム東京(たまだいら、両国)

福井県高浜町保健福祉センター 地域医療推進室(たかはま地域医療サポーターの会)

ほっとスペースじいちゃんち(大田区)

 

共催講座についてはこちらをご覧ください。

 

2.メールマガジン

発行内容(一部)

『"防げる事故"から子ども達を守るには?』

『 赤ちゃんの『マス・スクリーニング』 知っていますか?』

『流行っているけどよく分からない…『RSウィルス感染』って』

『「痛くならない中耳炎」を知ろう!』

『日本では減っていない「B型肝炎」の現実』   ――など毎月15日発行

 

3.子育てイベントブース出展

新宿子育てメッセ

品川子育てメッセ

すぎなみ子ども子育てメッセ

なかの育フェス

子ども未来メッセ(子育て応援とうきょう会議主催)パネリスト(阿真・早川依里子先生(協力医)

 

4.小児医療の厳しい現状の改善に向けての働きかけ

  代表の阿真が国や都の検討会や

  学会・シンポジウム等に参加し、親や医療現場の切実な声を届けています。

【講師】 

2012年7月 公益社団法人 日本看護協会 認定看護師教育課程 小児救急看護学科

 

【シンポジスト】

    9月栃木県鹿沼市地域医療フォーラム 

     『医療はみんなで守るもの~私たちひとりひとりにできること~』

   12月地域医療を守り育てる住民活動全国シンポジウム (活動事例紹介)

    

【平成24年度委員】

総務省消防庁 救急業務のあり方に関する検討会 委員

東京消防庁  救急業務懇話会 委員

東京都 救急医療対策協議会 委員

東京都 救急医療体制のあり方検討委員会 委員  

東京都 小児医療協議会 委員

東京都 小児初期救急医療体制検討部会 委員

地域医療を守り育てる住民活動全国シンポジウム 実行委員

 

【平成23年度委員】

総務省消防庁  救急業務のあり方検討会 委員

東京消防庁   第31期救急業務懇話会 委員

東京都福祉保健局 東京都小児医療協議会 委員

         救急医療対策協議会 委員

         救急医療の東京ルール検討委員会 委員

財団法人地域社会振興財団 地域医療を守り・育てる住民活動 実行委員