行政・自治体の皆さまへ

「すべての自治体で、当たり前のように、子どもの医療のかかり方を学ぶ講座が受けられる」 未来に向けて。


子育てをする親が最も不安になるのは、子どもが病気になったときです。

 

しかし、どんなときに救急外来に行くべきか、どんなときは家でみていても大丈夫か、学ぶ環境はほとんと整っていないのが現状です。

 

母親学級や乳児健診で学ぶのは、主に沐浴の方法や離乳食、歯のことなどです。予防接種についても、健診での指導は接種スケジュールが中心です。

 

このような現状では、どんなときに子どもを救急外来へ連れて行くべきか、救急車を呼ぶべきか、最も肝心なことがわからない状況が続いてしまいます。

 

自治体が、乳幼児の離乳食や歯について定期的に講習を行っているように、救急受診の判断やホームケアについて、全ての親が学ぶことのできる環境をつくりたい。

 

親が子どもの病気について知り、理解することで、親・医療者ともに納得できる医療を実現していきたい。

 

私たちは、その目標に向かって日々の活動を行っています。



全国すべての自治体で当たり前に子どもの病気や、医療のかかり方について学ぶ機会が持てるよう、講座開催マニュアルや研修を提供しています。

 

さまざまな講座を開催しています。

あなたの自治体・会社でも開催しませんか?

詳しくはこちらをご覧ください。

自治体向け「医療のかかり方講座」実践マニュアル好評発売中。お申し込みはこちらです。

自治体で講座を開くための研修をおこなっています。詳しくはこちらをご覧ください。


自治体向け「医療のかかり方講座」実践マニュアル