講座・イベント情報


【講座】ひだまりスペシャル医療講座「こんなとき、どうしたら?」

”日頃、小さな子どもに起きる様々なケースについて、ひだまりクリニック院長 小児科医の佐山圭子先生と
小児医療の活動を行う会の代表、阿真さんを囲んで、ご一緒に考えてみませんか?”


〇二週間、お咳だけが続いています・・・
〇3日間お熱だけ、元気そうにしていたけれど、だんだんいつもより食欲がなくなってきた・・・
〇日中は元気、明け方ゼーゼー言うんです・・・
〇月曜日から、お熱が続いて一度、かかりつけ医を受診。今日は金曜日、もう一度行っておいた方がいいかな・・・
最初に子どもの健康、病気をみるポイントを佐山先生から学んだ後、皆さんと座談会形式で、一緒に考えていきます。
答えがないからこそ、迷ってしまう、ひとりで考えてしまうこと、ありますよね。いろんなケースについて、みんなで
考えてみませんか?最後に阿真さんから、親が知っていると役立つことのお話をいただきます。


■日時: 11月29日(水)10:00~12:00(受付9:45~)
■会場:ゆうゆう和田館(和田1丁目41番10号)
      
■対象:講座当日1歳以上のお子様とその保護者
    保護者の方のみの参加も大歓迎です
■参加費:¥1,500
(ゆりかご券・子育て応援券、こども商品券使用可能)

 

申込フォーム  

https://ssl.form-mailer.jp/fms/17202b99411783


【学会 参加】 第12回医療の質・安全学会学術集会

代表の阿真が登壇します。患者による医療の参画がもたらす効果についてお話します。

パネルディスカッション
「価値共創(コ・プクション)の医療における質と安全の向上」
■日時:11月26(日)8:30~10:00
■会場:幕張メッセ国際会議場 第6会場(304)
http://www2.convention.co.jp/12jsqsh/


【シンポジウム参加】第76回日本公衆衛生学会 メインシンポジウム5 「薬剤耐性(AMR)への対策~国民啓発会議からの提言を受けて~」

代表の阿真がシンポジウムに登壇します。 薬剤耐性対策における市民のできる役割についてお話します。

 

■日時: 11月2日(木)10:10~12:10

 ■会場:かごしま県民交流センター 中央1F県民ホール

 

 http://www.c-linkage.co.jp/jsph76/program03.html


【メッセ出展】 第10回品川子育てメッセ2017

毎年、数千人のパパママ赤ちゃんお子さん達が来場するメッセで、地元のお母さんたちが中心となった、手作りの温かさあふれる素敵なイベントです。

今年で10回目で、私たちの会も最初のころから参加しています。
当日はブース出展し、来場されるパパママに小児医療のお話をしたり、パンフレットや資料、OS-1のサンプル配布などをします。

毎年、とても楽しいイベントなのでぜひぜひご参加ください。お待ちしております

 

■日時: 11月10日(金)10:30~15:00

 ■会場:きゅりあん(品川区立総合区民会館)7階イベントホール他

 JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線 「大井町」駅 徒歩約1分(東京都品川区東大井5-18-1 ※ヤマダ電機の上)

http://s-messe.com/


【保育科 講義】 東京立正短期大学 地域と子育て事業

(授業のため、一般参加不可)
■日時: 10月21日(土)10:40~12:00
■講師:森 さくら氏(当会 副代表)

通常の「医療のかかり方」に加えて、保育園に子どもを通わせる保護者としてのお話をいたします。


[第1回小児医療基礎講座]お申し込み受け付け中

子どもの医療パートナー養成事業

 

*2017年度の本事業は杉浦記念財団より助成をいただいています

親の安心が増すこと、子どもの命を守ること

子どもを取り巻く専門家のための、子どもの病気・ケア・予防についての講座が始まります。子どもに関わるひとに最低限必要な小児医療の基礎知識を身につけることで、適切な支援や適切な連携につなげたい・・・

 

そんな思いで各分野の専門家をお招きし、全3日間の講座を企画いたしました。

 

 

 

 ぜひ参加をご検討ください。

 

 

対象

保健師、看護師、保育士、子育て支援者など親子に関わる方


日程・プログラム

 

 第3日 平成29年10月28日(土)  【受付中です!

                         

[午前の部]子どものこころ 10:00-12:30

 

講師:国立研究開発法人 国立成育医療研究センター こころの診療部 児童・思春期リエゾン診療科 田中恭子先生

  • 乳幼児期に求められる子どものこころの基礎理解
  • 学童期・発達に応じて必要な基礎知識

 

 

[午後の部]親の現状、伝え方  13:00-17:00

 

講師:一般社団法人知ろう小児医療守ろう子ども達の会 代表 阿真京子    

  •  医療の伝え方、普及啓発のあり方

 

 

第1日 平成29年9月23日(土) 【 終了しました】

                          

[午前の部]子どもの病気 9:00-12:00

 

講師:朝霞台中央総合病院 小児科部長 小林真澄先生  

   聖徳大学児童学部児童学科 原田正平先生(小児科医)

  • 救急の判断 
  • ホームケア
  • 覚えておきたい子どもの病気 

 

[午後の部]子どもの事故、子どもの薬  13:00-17:00

 

講師:子供の安全研究所 所長 鈴木徹郎先生 (小児科医 ) 

 

 東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 地域看護学分野 本田千可子氏(保健師)    

 

 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター 

 情報・教育支援室長 具芳明先生、主任研究員 藤友結実子先生、主任研究員 松永展明先生

 

  • 事故予防、対処 
  • 年齢と発生区分 
  • 薬の基礎知識 
  • 薬剤耐性対策 

 

 

第2日 平成29年10月7日(土)    終了しました】

                             

[午前の部]予防接種   9:00-12:00

 

講師:慶應大学大学院医学部医学研究科(国立研究開発法人 国立成育医療研究センター)古市宗弘先生

   国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 生体防御系内科部 感染症科 医長 宮入烈先生    

  • 細胞と免疫 
  • 予防できる病気について :  効果と副反応

 

[午後の部]日本の医療の現状  13:00-17:00

 

講師:群馬大学医学部附属病院 集中治療部(小児科)助教(病院) 中林洋介先生(元厚生労働省 小児・周産期専門官)    

    厚生労働省 健康局がん疾病対策課長 佐々木昌弘氏 (元同省 医師確保等地域医療推進室長)

  • 日本の医療、各地域の現状
  • 小児の医療費、難病等、小児医療政策
  • 地域で異なる医療政策、小児の地域包括先行事例

 

 

 

会場

東京都港区(詳しくはお申し込み後、ご案内いたします)

新交通ゆりかもめ 竹芝駅 徒歩1分

JR浜松町駅 徒歩8分

都営地下鉄大江戸線大門駅 徒歩8分

   

 

 

受講費

連続参加 28,000円(全3日)

単発参加  5, 000円(半日)

 

   *全日程ご都合がつかない場合は半日単位での単発参加も可能です。

   *参加費の返金はできませんのでご了承ください。

   *ご入金方法は追ってご案内いたします。入金確認ができ次第、お申し込み完了となります。

 

 

お申し込み:こちらのフォームからお申し込みください。

 

主催:一般社団法人 知ろう小児医療守ろう子ども達の会


終了しました【小児医療に関する講演会】@横浜市西区

小児科を受診する前に

~大人が知ること・できること~ 

 

お子さんの突然の病気やけが。

いざという時にあわてないために、子どもの病気や対応について学んでみませんか?

 

■日時:平成29年8月19日(土) 10:00~12:00

 

■内容:「お医者さんの上手なかかり方」

 

■講師:当会副代表 森 さくら

 

■場所:横浜市西区役所 3階AB会議室

 

■対象:西区在住の未就学児を持つ保護者・子育て支援に関わる活動者

    各回先着40組  ※どちらか1回の申込みも可

 

■申込み:7月18日(火)8時45分より電話・インターネットにて申込み受付 

 

■保育:一時託児はありませんが、同じ部屋で保育協力者がお子さんを見守ります。

 

■お問合せ・申込み先:西区役所こども家庭支援課 Tel.045-320-8469

 

■インターネット申込み チラシのQRコードをご参照ください。


終了しました【子どもの事故防止講座】@杉並区

 

先日、はちみつのボツリヌス菌によって赤ちゃんが亡くなってしまうという痛ましい出来事がありました。

 

知っていたら防げたことで子どもが亡くなってしまうのは、あまりにも悲しいことです。

 

食べ物ひとつとってもアレルギーや窒息の事故、転落ややけど、通学路での交通事故・・・事故については予防できるものも多くあります。

 

予防や対策を知って防いだうえで、安心して子育てできるように、岩手県から事故予防に熱い小児科の先生をお招きします。

 

どんな事故がどのような状況で起きているか現状をお聞きし、防止できるポイントを教えていただきましょう。

 

 

■日時:平成29年6月11日(日)13時~15時

 

■会場:ゆうゆう和田館 東京都杉並区和田1-41-10

    http://www.city.suginami.tokyo.jp/…/kourei/yuyu/1006448.html

 

■講師:鈴木徹郎先生(もりおか往診クリニック・小児科医)

 

■参加費:1000円(杉並区子育て応援券使用可)

 

■お申込み:こちらのフォームからお願いします。

      https://goo.gl/forms/aahFuBRfbLTEnC6J2

 

■主催・お問い合わせ:一般社団法人 知ろう小児医療守ろう子ども達の会

      shirou.iryo.info@gmail.com


終了しました【お話会】 「知って安心!子どもの病気への向き合い方&上手なお医者さんのかかり方

初めてのお熱、けいれん、下痢嘔吐・・・子どもが病気のときは

誰もが不安になるものです。

病気のときに親が出来ること、お医者さんへの上手なかかり方などをお話します。

 

■日時:4月25日(火)10時半~12時

 

■会場:方南児童館 (杉並区方南1丁目51番7号)

 

■講師:森さくら

 

■申込:当日直接会場へ

 

■主催:杉並区方南児童館 


会で実施しているものについては、講座イベント情報をご確認ください。

あなたが知りたいと思っているのであれば、お近くの保健センターや児童館、病院などで開催されていないかご確認ください。

開催がないようであれば、ぜひ、開催してほしいという声を届けてみてください。