2014年

2月

15日

【お知らせ】今月のメルマガ66号は・・・

しろうジャーナルは本日発行です。

 

《INDEX》

1.流行が続いている「水ぼうそう」情報

 

2.当会会員によるリレーエッセイ(第4回)

 

3.イベント、講座などのお知らせ

 

4.メディア掲載

 

昨年末から保育園や幼稚園で大流行の水疱瘡。 

「かかっても軽く済むから、 大人になってからより

子供のうちにかかったほうがいい」という話を

今でも 実際耳にすることが時々  あります。 

 

でも当会の小児医療講座で小児科の先生のお話、

 

「水ぼうそうは日本で毎年約100万人がかかり、

約4000人が重症化し入院、約20人が死亡しています。

(近年は10人程の年も)」

 

ワクチンを打つことで 重症化するリスクが少ない

そうです。 

絶対かからないわけではないから、 と 

ワクチンを打つのは やめますか? 

 

今年の秋からは 無償化に向けて動きがあるそうです! 

その情報も含めて是非ご覧ください。 

 

そして 会員によるリレーエッセーは4回目。 

市民活動 とは無縁だった1人のママがどうして 

関わるようになっていったのか、

救急外来の現場で 感じた 疑問・・・。 

 

会に参加するきっかけは 会員それぞれですが、 

知ることで、 (ママやパパが子供の身近な病気の対応のしかたを知ること、

小児科の現状 を知ること)で パパママも、医療に携わる 

人も少しでも安心できるようになりたいという志は同じ

 

なのだな、と 思います。 是非 ご覧ください。